萌黄の館|スカイマークで行く関西格安旅行

 

神戸エリアの観光地情報

萌黄の館
萌黄の館

萌黄の館は、明治36年(1903)に、アメリカ総領事ハンターシャープ氏の邸宅として建築され、昭和55年(1980)に国の重要文化財に指定されました。木造2階建て、下見板張りの異人館で、2つの異なった形のベイ・ウィンド(張り出し窓)が特徴です。アラベスク風模様が施された階段・重厚なマントルビースなど贅沢な意匠が随所にみられ、2階のベランダからは神戸港まで見渡せる素晴らしい眺望が広がっています。長らく〝白い異人館〟と呼ばれていましたが、62年(1987)からの修理で建築当時の淡いグリーンの外壁に復元されて、この名が名付けられました。
前の記事を見る ページナビ 次の記事を見る

神戸エリアおすすめツアー情報

旅のアレンジ

グループサイト

行き先から選ぶ専門店サイト

出発地から選ぶ専門店サイト

スカイマーク利用の格安なツアーをお考えの方は【スカイマーク関西専門店】へお問い合わせください。
千歳空港、茨城空港、羽田空港、長崎空港、熊本空港、鹿児島空港、那覇空港から神戸空港へスカイマークは格安な御料金で就航しています。 是非この機会にスカイマークで関西のご旅行をお楽しみください。